全身浴で血行促進

全身浴で血行促進

全身浴で血行促進

 

お風呂に浸かるというのは健康にも良く、滞っている血行の改善にも良いとして多くの人が実践している方法でもありますね。
中でも全身をしっかり湯船につけて温める全身浴が血行改善に効果的だとして人気がありますし、さらに老廃物を流しだすデトックスにも繋がり、体の疲れも取れる方法ですしリラックス効果も得られるので、全身浴はメリットがたくさんです。
忙しくてシャワーで済ませてしまう方もいるようですが、できる限り毎日湯船に浸かるのが理想的だとも言われています。
さらに血行促進効果をアップさせるために、お風呂のお温度にも注意してみてください。
全身浴に最適だと言われているのは38度から40度の間なのだそうです。
この少しぬるいと感じる程度のお風呂に全身しっかりと浸かることで、体の内側からしっかり温められるのだそうです。
のぼせないのでゆっくり体を温められるからでしょうね。
じんわりと汗をかく程度の入浴時間がオススメです。
また入浴中に水を浴びるというのもオススメですよ。
湯船につかってしっかり体を温めたあと、肩や腰といった不調部分に水を浴びせましょう。
この温めと冷やすという作業を交互に繰り返すことで、筋肉も活性化して血行も促進するのだそうです。
そして、湯船にゆっくり浸かったらただ浸かるだけでなく関節や気になる部分をマッサージしたりもみほぐしたりして、筋肉を和らげて血管を拡張しましょう。
たったそれだけでも血行はかなり改善されますよ。
このように簡単にできる方法でも血行改善は可能です。
なるべく習慣化させるよう毎日続けましょう。

 

二つ目は「水を使う」ということです。
お湯と水を交互に使い、温め冷やすということを繰り返すことで血行を良くする効果がグンとアップします。
湯船で体を十分温めた後、肩や腰などコリを感じている部分を中心に20度程度の水を浴びます。
そして再び湯船に浸かって体を温めるということを数回繰り返すといいでしょう。
最後は「湯船での運動」です。
体を温めながら関節をほぐしたり、コリを感じる部分を動かすなどの運動を加えると、硬くなった筋肉を柔らかくすることが出来るので、血行が良くなることを助けてくれます。
ちょっとしたポイントで効率の良い入浴が出来るようになりますから、出来る範囲で取り組んでみるといいのではないでしょうか。