まずは血行のしくみを知ろう

まずは血行のしくみを知ろう

まずは血行の仕組みについて学びましょう
血行が悪いことが原因で肩こりや冷え症となってしまっている方も少なくありません。
血行を改善して肩こりや冷え性を治したいと思っている方も多いでしょうし、実際に努力をしている方も少なくないでしょう。
では、あなたが実践している方法で本当に血行が改善できていますか?肩こりや冷え性は改善されましたか?
血行促進法を実践していても、血行の仕組みをしらずに非効率なやり方をしてしまってはいませんか?
まずは血行の仕組みについて学ぶことで、血行促進法のポイントが分かるようになりますので、血行の仕組みについて学びましょう。
血というのは体中に張り巡らされている血管の中を通って全身に回っていきます。
血液の出発点は心臓で、大動脈を通って全身にまわり、大静脈という血管を通って心臓にまた戻ってくるようになっています。
その繰り返される血液の流れを私たちは血行と呼んでいるのです。
血管がきちんと開いていて通りやすくなっていると血液が流れやすいので、自然と血行は良くなりますが、血管が何らかの原因で収縮してしまっていたり、詰まりが起きていると血液が流れにくくなり、血行が悪い状態になってしまうのです。
つまり血行の良し悪しは血管の状態、血管がきちんと拡張しているかどうかによって変わってくるということです。
その血行の流れに影響してくる血管の動きというのは、筋肉が大きく関わってきます。
筋肉が伸びたり縮んだりすることによって血液は押し出されて血管を通っていくのです。
筋肉というのは運動不足や姿勢の悪さなどで硬くなり、正常な動きができなくなってしまうものです。
血行促進のためにも適度な運動をして、長時間同じような姿勢でいることを回避し、筋肉を正常に動かせるようにしておかなければなりません。
このように血行の仕組みについて学んでいくと、筋肉や血管の働きも大事だということが分かるので、血行促進法で取り入れるべき方法が明確になってきますね。

血行の改善というのはそれほど難しくなく、自分の努力次第でできることなので、血行の仕組みを思い浮かべながら血行促進法を実践していきましょう。