血流が悪化した場合の障害・症状

血流が悪化した場合の障害・症状

血流が悪いとき、軽度の症状として「しびれ」「冷え」などの症状がありますが、血流が悪化したときには血流障害が起きて、重篤な症状があらわれます。
身体の主な部位には太い動脈により血液が供給されています。ここにおける血流障害は、血管の劣化が末期になったときなどに起きるので簡単に血管が閉塞することがありません。ですが、閉塞した場合、命に関わる病気が発症するリスクがあります。

 

身体のあらゆる組織は毛細血管を通る血液から栄養や酸素を供給されているため、毛細血管が詰まってしまうと末端の血流障害は簡単に起こってしまいます。

 

毛細血管の血流障害も末期になれば、潰瘍が発生し壊死してしまう恐れもあります。
さらに、動脈硬化が原因で血管障害が起こりやすいことから、どんどん血管が狭まり、血栓が血管内を塞いで閉塞状態に陥ってしまいます。

 

その他に、血管が延焼して血流障害が起きたり、自己免疫疾患から血流が悪くなることもあります。いずれにしても血流が悪くなれば、必要な酸素や栄養が組織に運ばれなくなるため、どこかしら組織の細胞が死滅し、さらに腐って壊疽に至ることもあります。