血流を良くする方法

血流を良くして毎日を健やかに!

現代では生活習慣病の患者が増えていて、メディアでも頻繁に取り上げられています。
とくに血流の関係が指摘されていますが、どこか他人事のように考え、改善に取り組んでいない人も多いです。
もっとも、血流が悪い=冷え性の人というイメージがあり、「自分は血流に問題はないはず」と思い込んでいる人が多いようです。
血流が悪いと血管に異常が起きていることが多く、知らずのうちに脳梗塞や心筋梗塞のリスクを自ら高めている可能性があります。
今すぐにでも血流改善を意識し、健やかな毎日を送りませんか。
血流を良くするには、血液状態を改善し、血管を拡張することが大切です。
血液がサラサラで血管が広がっていれば、血流が悪くなることはほぼありえません。
裏を返せば、血流が悪い人は血液がドロドロで、血管が狭い傾向にあります。
まず、血液状態を良くする成分としては「DHA、EPA」といったオメガ3脂肪酸や、「ナットウキナーゼ」などが有効成分として知られています。
これらの成分は血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる作用があるため、血液をサラサラにすると言われています。
血管を拡張させる成分としては、「シトルリン」や「アルギニン」などのアミノ酸が有効と言われています。
とくに加齢とともに血管や血液が衰えやすいので、有効成分を補って血流を良くし、生活習慣病などに気を付けましょう。
有効成分は一般的な食品に含まれる栄養素ですが、効率よく摂るためにはサプリメントもおすすめです。

 

血流をよくするサプリメント

きなりの特徴

多々あるサプリの中でもヒットしているのが「きなり」です。 きなりでは魚油を使用したサプリメントで、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が補えます。 クリルオイルという新素材を使用しているため、オメガ3脂肪酸の弱点である酸化に弱いところをカバーし、酸化を防ぐことにより効率よく身体に吸収させることができます。 血流改善に良い成分としてDHAなどのオメガ3脂肪酸は定番ですが、不安定な成分であるため、品質の良さが重要になります。きなりは条件をクリアしているので、効率よく血流改善成分が補えることで健康効果に期待できます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 このサイト限定価格キャンペーン中!

小林製薬 ナットウキナーゼの特徴

納豆には、ナットウキナーゼという独自の酵素が含まれています。ナットウキナーゼは血流改善に有効と言われていて、関心度が高まっている成分のひとつです。 現在、血流障害に悩んでいる人や、血流が悪い人が多いとされています。それは男女関係なく、生活習慣などが原因で血流に影響が起こります。 生活習慣の改善が難しいが、健康が気になるという方はサプリメントを頼ってみるのも良い方法ではないでしょうか。

価格 1,134円
評価 評価5
備考 今なら初回購入30%OFF!

タマネギの力の特徴

青魚なども血流改善に有効で有名ですが、同じく「玉ねぎ」も代表的な食べ物ですね。 「タマネギの力」は、そんな玉ねぎの栄養を手軽に補えるサプリメントです。 現在、現代人は生活習慣が悪く、生活習慣病などが問題とされています。 生活習慣病の多くが血流と関係しているので、食生活の改善が必要とされています。と言っても、簡単に食事を改善することは大変です。 一方で人気があるのがサプリメントです。サプリならムリなく栄養を補給でき、普段足りていない栄養を補助することで健康効果に期待できます。

価格 3,500円
評価 評価3
備考 アンケートに答えて送料無料!

 

このような症状は血流が悪い証!

血管の中身は目で見ることができません。ですから、知らずのうちに血流が悪くなっている人が多いです。
自覚症状としては、次のような症状が起こると言われています。

  • 体が冷える
  • 手足が冷える
  • しびれやすい
  • むくみやすい
  • 肩こりがひどい
  • 疲労がなかなか回復しない

など。
血流が悪くなると末端に血液が滞りやすくなるので、手足に症状が出ることが多いです。
また、男性の場合は血流が悪いことから勃起不全になることもあります。

 

血液は栄養や酸素を供給し、老廃物を回収する役割があるため、体がむくみやすくなる他、疲労がとれにく、肩がこりやすいなどの症状もよくあらわれます。

 

血流の状態が悪化すればするほど、重篤な症状を引き起こしてしまいます。
たとえば、脳梗塞や心筋梗塞です。死に至る可能性のある病気の発症リスクまで上昇してしまうため、血流の悪い状態は軽視してはなりません。


きなり体験談!

私は46歳の専業主婦で75歳の母親を介護しています。

 

私は母親の介護をしながら専業主婦をしています。
母は寝たきりというわけではありませんが、何でも自分で出来るほど元気でもありません。
というのも数年前に病気をしてからというもの、めっきり塞ぎこんでしまったので身の回りの世話を私がしなければいけない状態です。
一番しんどいのが手足の冷えですね、寒い寒いといってガチガチと震えるもんですから部屋を暖かくしたりするのですがそれでも寒いというんです。
病院で診てもらったら末端冷え性ですね、とのこと。
加齢による筋力の衰えから特に足の冷えが酷くなっているようです。
ですから、定期的に手足をマッサージしたり湯たんぽを用意したりしていました。
これが結構大変で私の体力も奪われてしまうもので一苦労でした。
睡眠時間も削られてしまいますし、母親が寒さでどうにかなる前に私がおかしくなりそうでしたからね。

お医者さんに言われたのは血流が悪くなっているから冷えるので、マッサージもいいけど根本的に血流を良くする方法を考えたほうが良いということでした。
本来なら歩いたりしてふくらはぎの筋力をつけるのが一番良いのですが、何せ歳ですから自由に歩くことも出来ません。
全く歩けないわけではないのですが、散歩できるほどの体力が無いんです。
そんな時にご近所さんに教えてもらったのが、魚に含まれているDHAを摂取すれば血流が良くなることです。
これだ!と思って、早速息子にインターネットで調べてもらったらサプリで血流をよくするのがあることがわかりました。
それが「きなり」だったんです。
嚥下能力が衰えた老人でも飲みやすくて、血流以外にも体に良い効果があるとのことでしたので迷わず購入しましたね。

⇒ きなりとはこれです!

 

母は最初「薬みたいなのは嫌だ」といって飲んでくれませんでしたが、食事に混ぜて一緒に食べるようにしたら嫌がらずに飲むようになりました。
本人はそんなに意識していないようなので騙しているような気分ですが、でも冷え性が改善することを思えばそれほど罪悪感はありませんでした。
飲み始めてから1ヶ月ほどしたころには、あまり寒いといわなくなってきたんです。
それでも毎日のようにマッサージはしていたんですが、幾分血色も良くなってきたような気がしましたね。
母が寒いと言わなくなってきたということは、血流が戻ってきていて冷え性が改善されたということです。
運動らしい運動もしていないので、これは間違いなく「きなり」のおかげだと確信しました。
だって、夏の暑い日でも寒い寒いといってた人が、言わなくなったんですもの。

これで冷え性が改善されれば母親も夜眠れないとかで苦しむこともないですし、私個人も寒い寒いという母親をマッサージし続ける負担が少しは軽くなるのでは?と思ってます。
これからは少しでも体を動かせるようになってもらいたいので、簡単なウォーキングぐらいから始められればと思ってます。
当然ですが、きなりはまだまだ飲んでもらう予定ですよ、少し改善したからといって飲むのを辞めてしまったらまた元の木阿弥になってしまいかねませんからね。
この間、「最近は寒くならないかい?」と母に尋ねてみたところ「何言ってるの、冬でもないのに寒いわけないでしょ!」だってあきれちゃいますね〜
あんなに寒い寒いマッサージしてくれ〜って泣きそうな声で訴えていたくせに、人間って現金なものです。
まあ、悪態つけるぐらい元気なのが丁度いいかもしれません、泣かれてマッサージすることに比べたら少しは自分のことを自分でやってくれれば、私も家事に専念できて専業主婦らしくなりますからね。
しかし、本当に「きなり」には感謝感激です、これからも母親の負担にならない程度に飲んでもらいましょう!

⇒ きなりはこちらです!